現在コロナウィルス感染拡大防止措置としまして不規則営業となっております。
最新の情報をご確認の上ご予約をお願いいたします。

※現在コロナウィルス感染拡大防止措置としまして一部のメニュー・レッスンのご予約を制限しております。最新の情報をご確認の上ご予約をお願いいたします。

梅雨冷えの日のご自愛ケア

セルフケア
店主sai
店主sai

いつもblogを読んでいただきありがとうございます

ほぼ全国的に梅雨入りしましたね。

雨の日はジメジメ蒸し蒸しだけでなく、急に冷え込んだりして体温調整が上手にできずに、体調がイマイチすぐれないという方も多いようです。

事実、私自身も梅雨はどうも体調が優れない・・・。

ということで、そんな梅雨冷えの日おすすめの私のセルフケア方法についてご紹介します。

手軽に部分浴のススメ

一番のおすすめは、ややぬるめのお風呂にゆっくりと入ること。

ですが、できるだけ手早くそして手軽に出来るのは全身浴より部分浴です。

それすらも面倒、、という方もいるかもしれませんが、まぁとりあえずやってみてください!!

部分浴の中でも最も手軽なのは手浴

用意するのは洗面器とお湯だけ。

改めて書くと本当に簡単!でしょ?

もちろんお湯だけでも全然OKですが、心地よくさらに効果的に温まるには精油とお塩をプラスするといいですね。

部分浴(手浴)
【用意するもの】洗面器、天然塩:大さじ1、精油:1〜2滴、ビニール袋、タオル
【saiのおすすめ精油】ラベンダー、ベルガモット、フランキンセンス、ゼラニウム、柚子など

ビニール袋にお塩を入れて、精油を入れたらよく振り混ぜてから洗面器に入れてください。
(精油は1滴からお試しくださいね)

天然塩はスーパーに売られているものでOKですが、さらに気分を上げたければヒマラヤソルトエプソムソルトなどがおすすめですよ。

手を温めるだけでも体全体がじんわりと温まっていくだけでなく、好きな精油を入れることで蒸気とともに精油の香りが立ち上ってくるので、脳にダイレクトに届く香りは精神的リラックスにとても効果的です。

まずは好きな香りの精油を1本、手元に用意してみてはいかがでしょうか?

店主sai
店主sai

ポッロンタロの雑貨スペースではオーガニックの精油を取り揃えております(一部お取り寄せ)

手浴より少しだけハードルは上がるかもしれませんが、体全体を手軽に温めるのなら断然足浴をオススメします。

部分浴(足浴)
【用意するもの】たらい、天然塩:大さじ2、精油:1〜3滴、ビニール袋、タオル、バスマット
【あるとよいもの】ブランケット、差し湯
【saiのおすすめ精油】マージョラム、グレープフルーツ、ローズマリー、ホーウッド、檜など

ビニール袋にお塩を入れて、精油を入れたらよく振り混ぜてからたらいに入れてください。
(精油は1滴からお試しくださいね)

シャワーだけで済ませがちな夏こそ足浴は毎日やってほしいくらいオススメです。

のんびりテレビを見ながら・・・読書をしながら・・・
ながらで出来るのでほんの少しの手間を惜しまずに試してみてほしいです。

せっかくの足浴、お湯の量は内くるぶしより指四本分上の三陰交(さんいんこう)が隠れる程度が好ましいです。

バスソルトを使った入浴に関して

部分浴は手軽でおすすめですが、本当は湯船にゆっくり浸かる全身浴(入浴)が一番いいと思います。

物理的にシャワーしか使えない、という方以外はできるだけ夏でも全身浴をおすすめします。

ただしここで注意していただきたいのが、バスソルトを使った入浴について。

お塩は風呂釜をどうしても痛めてしまいます。

店主sai
店主sai

うちのお客様と生徒さんで、お風呂が故障した際に業者さんに注意されたという方が数名いらっしゃいました。

ましてや、バスソルトを入れた後に追い焚きを使うのはもってのほか。

サビや故障の原因になるので、私は積極的にバスソルトを使った全身浴はおすすめしていません。

一部ネット情報でエプソムソルトだと追い焚き可能というものをいくつか読んだのですが、その真意は不明ですのでココではオススメという書き方は控えますね。

※お風呂で使う場合は自己責任で!!

 

店主sai
店主sai

体を温める目的の入浴のために冷や冷やするのは本末転倒ww・・・ですので、ぜひ部分浴のアロマバスでゆっくりのんびり体を温めてみてくださいね。

予防医学とセルフメディケーション講座でもお話していますが、体の冷えは本当に色んな不調を引き起こす原因となります。

言い換えれば、冷やさない体づくりはセルフケアの第一歩です。

病気にならない体づくりの1つとして、部分浴をぜひ取り入れてみませんか?

▽予防医学と未病について学ぶ講座▽

免責事項

内容・情報について

当サイトのすべてのコンテンツや情報につきまして、万全を期しておりますが、必ずしも正確性・信頼性等を保証するものではありません。

また、記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。何卒ご了承ください。

当サイトにアクセスしたり、サイトを利用したことによる直接的、付随的、結果的、間接的、あるいは懲罰的な損害、経費、損失、または債務などに対し、いかなる責任も負いかねます。

ご利用上の注意

当サイトやSNS等で提供するアロマテラピー等の情報は、医療の代替行為となるものではないことをご承知ください。

精油(エッセンシャルオイル)を使用する際には、製品の取扱説明書や注意事項を読み、正しくお使いください。

乳幼児、妊産婦、高齢者、既往症のある方、健康状態が気になる方は、事前に専門家にご相談の上ご使用ください。

無断コピー・転載はできません