今日は、最近お客様と話すことの多いテーマをblogに書いてみようかと思います。

最近のポッロンタロのお客様の年齢層としては、30代が最も多く平均すると約36歳くらい。

既婚・独身の比率でいうとやや独身率が高いですが、30代既婚の殆どのお客様が「妊娠しやすい体づくり」を希望していらっしゃいます。

現在不妊治療中の方や治療をするか迷っているという方からのご相談をとても多く受けます。

私自身は独身で、子どもを産んだことがないので説得力に欠ける部分があるかもしれませんが、このお仕事を約10年やってきた経験値からのお話はすることができます。

 

先日ツイッターにこんな記事をアップしました。

ありがたいことに、私のツイートきっかけで読んでくださったお客様もいらしゃってこれについてお話させていただくことも多かったこの1ヶ月。

もちろん、この記事を読んでいない方、これについてトークできていないお客様もいますので、少しでも共有できることがあればと思いblogに書くことにしました。

私は医者ではないので、医療的なお話はできません。あくまで今の仕事をやってきた経験値からのお話であるということを前提でお話しますね。

記事タイトルにもあったように『女性が35歳以上なら3ヶ月妊娠しなければ、不妊治療を考え始めたほうがいい事実』

35歳以上、3ヶ月(3周期)というのは目安ではありますが、子どもが欲しいと願いいわゆる子作りをしているのにできないということであれば、35歳未満であっても不妊治療はスタートした方が良いと私も思います。

今あなたがすでに35歳を過ぎ、子どもが欲しいと願い、子作りをしているにも関わらず授かっていないのであれば、意識と行動を大至急変える必要があります

治療すべきか今何をすべきか迷っている方、まずはこの記事読んでみてくださいね!

治療といっても段階があります。その辺はお医者様含めてパートナーの方と十分に相談しながら決めていくことが大事です。

もちろん、不妊治療とは全く無縁で、結婚して自然と妊娠して・・・という方がいないわけではないので、「なぜ自分だけ?」と思うかもしれませんよね。
そりゃ、自然に妊娠できるのが一番望ましいですし・・・。

だけど、そもそも『妊娠』することだって『生まれてくる』ことだって奇跡なんですよね。

私のとても近しい人に、流産を2度経験した女性がいます。

せっかく妊娠したのに、お腹の中で育たず死産を経験した友人がいます。

だから、きれい事でもなんでもなく『妊娠』も『出産』も奇跡なんです。

今自分がこの世に生を受けていることが奇跡で、この世に自分を産んでくれた両親にはちゃんと感謝しないといけない。

そんなこと改めて考えたこと・・・ありますか?みなさん。

この歳になって・・・そしてこの仕事をするようになって、私はとても痛感しています。

遅いけど、遅くてもそれを考えることができてラッキーです!(笑)

 

さて。少し話がずれてしまいましたが。

ポッロンタロは病院ではないので治療はできません。

ですが、病院の治療ではカバーできない部分をサポートさせていただくことはできます。

例えば

普段の生活の整え方、養生の仕方
治療中の精神的なサポート

治療するかどうか迷っている方に対しては
今抱えている精神的な不安などを少しでも取り除くお手伝い
まず何から行動を起こすべきかのアドバイス

など・・・。

実際問題、医者じゃ無い分できないこともたくさんあるし、目に見えて実感!しにくいことの方が多いのかもしれませんね、私のお仕事って。

だけど、たくさんのお客様と接することで、私は10年前よりも、去年よりも、先月よりも、少しずつですがアップデートしていますよ。

だから、10年前にお伝えしていたことが古い情報となってしまっているのであれば、それは新しい情報をお客様にシェアさせていただいています。

もちろん10年前と変わらずお伝えしていることもあります。

それは、10年経った今も変わらずとても大切だと思うことだから。

行動や気持ちの切り替えがうまくできず、思い悩んでいる方は私に会いに来てください!

ポッロンタロでお待ちしています。