私は音楽を聴くことが大好きです。

自己紹介のページでも触れていますが、レコードもまぁまぁの数を所有しています。

今日は完全プライベートなお話、私の音楽についてお話をしようかなと思います。


昔はこだわってこのジャンルしか聴かない!!なんてこともありましたが、最近は歳を重ねたせいかジャンルにこだわらず、心地よいと思ったものはどんなジャンルでも聴きます。

小さい頃、大きな便りの時(←)はトイレの中は私だけのライブハウス。かなりの大音量で熱唱していました(笑)

最近は歌うことより聴く専門になっちゃいましたけど^^;

物心ついて・・・たしか最初に大好きになったのはピンクレディだったかな(笑)over40のあるあるですね!!

小学生の頃はサザンオールスターズ。かなり大好きで、これは今でも本当に愛すべきアーティストです。

中学になって、自分の意思で初めて行ったコンサートは久保田利伸でした。

衝撃でした、何もかもが・・・。

音楽がこんなにかっこよく、心に響くものだと感じた初めての体験。

そして、私のBLACK MUSIC好きが始まったのです。

当時、マドンナやマイケルジャクソンもよく聴きました!初めて買った洋楽CDはビートルズでしたけど。(BLACK MUSICじゃないやん(笑))

毎週土曜日の夕方に放送されていたFMの番組によくリクエストハガキを出していました(笑)

ラジオ大好きで、いつかDJ(ディスクジョッキーの方ね)になりたくって(当時は誰にも内緒だったけど)、カセットに自分の番組を作って録音していました。(笑)

高校生になっても久保田利伸大好きは変わらずでしたが、当時好きだった男の子がB’z好きだったこともあり、B’zにもハマりました。

ドリカムやユニコーンもよく聴きました。

時は過ぎ、大人になった私はちょっぴり年上の人とお付き合いする時期がありました。

彼は元DJ(今度はレコード回す方ね)だったこともあり、それきっかけで私もターンテーブルを2台買いました。

それからレコード生活(稼いだお金はレコードと飲み代に消える)が始まりました。

久保田利伸が好きだったことと、当時の彼の好きなジャンルが70年代のSOULやHIP HOPだったこともあり、どっぷりとBLACK MUSICにハマっていったのもこの時期。私は特に女性ボーカリストfeat.ラッパーのR&Bを好んで聴きました。

未だにそれは続いているかな〜。

その時期はほとんど邦楽は聴いてないです。だから90年代の日本人の曲をあまり知らなかったです。

そしてさらに時は過ぎ・・・。

2000年代に入り、あるアーティストに心奪われました。

そうご存知、星野源くん。

このお話はまた別の機会にでもしようかな…(笑)

最近よく聴くアーティストは、Tom Misch。事務仕事のBGMはもっぱらTom MischのGeographyです。


【輸入盤】Geography [ Tom Misch ]

ちょっと前に、源くんのアナログ盤が出たことがきっかけで、しばらくぶりにターンテーブルを触りました(笑)

やっぱり、音楽って私にとってなくてはならないものだなと痛感しました。

レコード触っている時って、本当に何にも考えずただその音を楽しんでいられる。

自分にとって心地の良い音楽は心地の良い時間を作ってくれる。

みなさんにとっての心地の良い音楽ってなんですか?

ぜひ、みなさんの心が気持ちよくなれる音楽を教えてください。

 

音楽の話をしよう・・・♪